在来工法

在来工法とは、柱・梁・筋交いなど、木の「軸」を組み立てて建物を支える日本の伝統的な工法です。
日本の気候風土に合った工法のため、四季を通じて快適に過ごすことができ、構造的にはそれぞれの木を適材適所に組合わせることにより強くなります。
近年は建築基準の強化や各種の補強工法等の普及により、強度や耐震性等についても全く問題ない工法といえます。
また、家族が増えるときなど生活スタイルの変化に対し、容易に増改築が行えるメリットもあります。

  • 伝統的な工法

  • 昔からある日本の伝統的工法のひとつです。
    伝統的な工法ですが、洋風住宅もできるという柔軟性を持ち、増改築も容易にできます。
    また、柱と柱の間に大きな開口部が取れるので日当たりがよく、風通しの良い住宅ができます。

  • 自由な設計

  • 壁や仕切りなどに制限がなく非常に自由度の高い設計が可能です。
    家族の憩いの場としての広い居間・リビング、静かな書斎、再構成の高い縁側など理想の間取りを提供いたします。
    また、変形した敷地などにも柔軟に対応でき、お客様一人一人の理想を形にすることができます。

  • 増改築が容易

  • 在来工法は、増改築が容易に行えるということも利点の一つです。
    お客様のライフスタイルの変化にあわせて、家も成長させていくということが可能です。
    子供部屋の増築、お風呂の改築、畳をフローリングなどにもスムーズに対応できます。

  • バリアフリーに対応

  • 増改築が容易なことから、住宅をバリアフリーにしやすいという利点もあります。
    廊下・階段への手すりの設置、段差の解消なども自由に行うことができ、実際に建てられた邸宅を介護リフォームされる場合にも柔軟に対応することができます。