太陽光発電システム

近年、環境意識の高まりと電気代節約をキーワードに、国の積極的な支援の後押しを受けて大きく普及している太陽光発電システムです。
太陽光発電とは太陽のエネルギーを吸収して電気に変えるシステムで、化石燃料を使った火力発電とは違い発電時に温暖化の原因といわれる二酸化炭素を出しません。騒音もなく、排気ガスも排出しないため、とても環境にやさしいクリーンなエネルギーです。
また、太陽光発電とオール電化を組み合わせることで光熱費を抑え、経済的にも効果的です。

弊社ではシャープ太陽光発電システム『サンビスタ』を取り扱っております。詳しい内容については、シャープのホームページをご参照下さい。
>> シャープ住宅用太陽光発電システム サンビスタ




  • クリーンなエネルギー

  • 火力や原子力発電と違い、エネルギーに変換する過程で二酸化炭素や窒素、放射性物質といった廃棄物を排出せず、環境に負担を掛けません。
    特に温室効果をもたらす二酸化炭素を発生しないので、温暖化対策の一つとして環境に大きく貢献しています。

  • 低いランニングコスト

  • 太陽光を利用するのでランイングコストはほとんど ”ゼロ” になります。
    設置費用など初期投資はかかりますが、様々な融資や公的補助等もあり、電気代が不要となるため長い目で見れば非常に経済的です。
    また、昼間蓄えあまった分のエネルギーを電力会社に売却したり、またオール電化の組み合わせなどを行うことによって更に経済的です。

  • 余った電力は電力会社に売却できます

  • 発電して使っても余った電力は電力会社に売り、雨の日などの発電量が足りない時や発電しない夜間は従来通り購入。電力会社との系統連系により、電力の売り買いを自動的に行います。この売却(売電)と購入(買電)の電気料金単価はほぼ同価格です。

  • 自動運転で操作の手間が要りません

  • 電力発生、売電、買電すべてにおいて自動的に運転しますので、操作などの手間はかかりません。
    地震や台風などの災害により長期間停電になった場合でも、太陽光発電なら自立運転モードで電気を供給することができます。