木造制震工法(GVA工法)

地震の多いわが国では住宅の耐震対策は重要な課題です。
建物を地震の揺れから守る方法には、耐震、免震、制震というものがあります。
耐震とは骨組みを強化して建物自体を壊れない頑丈な構造にする方法で、免震とは地震の揺れが建物に伝わりにくくする方法です。 そして、制震とは建物自体にダンパーなどの制震装置を取り付けて揺れを建物自体で吸収する方法で、地震だけでなく台風などの強風による揺れも吸収できるメリットがあります。
制震構造は従来高層ビルに用いられてきましたが、今は一般の低層住宅にも幅広く応用されています。

弊社では特にこの制震に重点を置き、木造制震工法「GVA工法」を耐震対策としてお奨めしております。
詳しい内容については、GVA工法のホームページをご参照下さい。
>> (株)アイ・エム・エー ジーバ(GVA)工法


制震とは、壁の中に制震装置を取り付け、建物が揺れるときの振動エネルギーを熱エネルギーに変換して吸収することにより、建物の損傷を防ぐ技術です。
制震GVA工法の場合は、ゴムと粘土両方の性質をもつ振動吸収材、住友スリーエム製VEMダンパーを筋交い端部と梁・土台の接合部に金物を介して取付け、建物に入る地震エネルギーを熱エネルギーに変換して吸収します。
連続して起こる大きな余震を想定していない耐震構造とは違い、制震構造は連続して起こる地震を想定しており、繰り返しの振動にも耐力を発揮し続けます。
このように耐震構造に制震をプラスすることで、耐震」と比べると損傷を60%以上吸収するという、よりすぐれた耐震効果を発揮することになります。

GVA工法では粘弾性体として住友スリーエム製のアクリル樹脂「VEM」を使用しています。
都庁やランドマークタワーなど世界中で多くの実績を持ち、今では戸建住宅から超高層まであらゆる周波数領域でその制振効果を発揮しています。


  • 短い工期、敷地条件問わず

  • 木造軸組工法、2×4、耐力壁パネル工法など、各種工法に採用することが可能です。取り付けも簡単で、追加工期は1~2日でメンテナンスも不要です。

  • 低いコスト

  • 300万以上かかる免震工法に比べて、約1/5という低価格で施工できます。

  • 耐震リフォームにも最適

  • GVAダンパーは筋交いを活用しているため、非常に大きな耐力を有しています。加えてダンパーの性能で、地震のエネルギーの3分の1に軽減できるため、老朽化した建物でも倒壊しないようにすることができます。